各国概況

ミャンマー

基本情報

国名         ミャンマー連邦 Union of Myanmar

面積         67万6,578平方キロメートル(日本の1.8倍)

人口         6,062万人(2011年、出所:アジア開発銀行(ADB))

首都         ネーピードー

言語         ミャンマー語、シャン語、カレン語、英語

宗教         仏教(89.4%)、キリスト教(4.9%)、イスラム教(3.9%)、ヒンドゥー教(0.5%)など

 

アクセス

空路
日本からは全日空の直行便が2012年10月にヤンゴンへ就航(週3便、ビジネスクラスのみ)。
また、日本から北京、ソウル、バンコク、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)、シンガポール、クアラルンプールなどを経由し、そこからミャンマーの中心都市ヤンゴンへ行く方法がある。

陸路
タイと中国との国境では、いくつかの地域が外国人にも開放されていて、ビザを持っていなくても国境の町だけ見学することができる。よく利用されるのが、川を挟んで向かい合う、タイ最北端のメーサイとミャンマーのタチレク。情勢が許されればそこから内陸に160キロほど進んだチャイントンも訪れることができる。ほかには、タイのメーソート/ミャンマーのミャワディー国境なども数ヶ所が開放されているが、場所や滞在条件などは大変流動的なので、現地で確認が必要。なお陸路の国境越えには、パスポートのほかに写真3枚程度、入域料(おおむね数ドル程度)が必要となる。

 

ビザ

2018年10月1日から2019年9月30日までに入国の場合、観光目的で入国する日本・韓国のパスポート保持者はビザの取得不要。滞在可能日数は30日(延長不可)。

※ビザ免除で出入国できる空港等

空港:ヤンゴン、マンダレー、ネピドー

港:ヤンゴン

陸路:タイとの国境(4か所)

商用・入国・トランジットビザはヤンゴン、ネーピードー、マンダレーの国際空港でアライバルビザ(Visa on Arrival)を取得可能。
また、E-visaシステムを導入済。E-visaはミャンマー政府公式サイトから申請可能。
ビザの条件は変更が多いため、最新情報は大使館、領事館などで必ずご確認ください。

 

大使館・領事館

■ミャンマー連邦大使館
東京都品川区北品川4丁目8-26
電話:03-3441-9291、03-3441-9294
ホームページ:http://www.myanmar-embassy-tokyo.net/

■ミャンマー西日本ビザセンター
大阪市西区西本町1-11-7エイトビル西本町3階
電話:06-6536-9002 FAX / 06-6536-9003

■ミャンマー入国管理局
ホームページ:http://www.mmrvisacentre.sakura.ne.jp

ログイン