トピックス

TPPの大筋合意を受けて、ベトナムの繊維企業の株価が上昇

アメリカ南部のアトランタで開かれていたTPPの交渉は、10月5日、参加12か国による閣僚会合で、各国が折り合い、大筋合意に達した。これを受けて、ベトナムでの関連業種の株価が上昇している。

以下、ロイターの報道から。

VNインデックスが過去7週間の最高値で取引終了、TPP交渉進展が後押し

ベトナムのVNインデックスは10月6日(火)1.98%上昇し、8月14日以来最高値で取引終了となった。ほとんどの株が、12カ国が加盟を予定する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉進展で値を上げた。
金融関連株が最も値を上げ、貸付大手Vietcombankが過去4週間でほぼ最高値となる4.11%の上昇で取引を終了した。保険会社BaoViet Holdingsは6.25%、Saigon Securities Incorpは6.41%の上昇であった。
ベトナムは世界でも主要な水産物、縫製製品、靴類の輸出国であることから、繊維、漁業水産企業もTPPで大きな恩恵を得ることができるだろうと専門家は話す。
漁業製品製造輸出企業Hung Vuong Corpは過去7週間で最高値である6.9%の上昇、Thanh Cong Textile Garment Investment Trading JSCは7月31日以来最高となる2.09%の上昇となった。
「TPPが施行されるまでにはまだ時間がかかりますが、ベトナムで期待される裨益効果のおかげで、TPPは株式市場に一時的に新たな期待をもたらすことになるでしょう」とSaigon-Hanoi SecuritiesのDo Quang Hop調査部副部長は話す。
Hop副部長は、インデックスはさらに600ポイント程度、上値抵抗線まで上昇することもありうると話す。
ベトナムインデックスはベトナムの好調な製造業・輸出を背景に、今までのところ、今年アジアで最も好調な株式指数となっている。しかし、製造業の多くは海外投資によるもので、TPPを含む自由貿易協定による裨益を見込んだものとなっている。

 

繊維関連では、上記のThanh Cong Textile Garment Investment Trading (TCM)以外にも、TNG Investment and Trading (TNG)やMiraeCo (KMR)がいずれも5-7%上昇している。

 

 

ログイン